ラジオ

制作会社のラジオディレクターの年収はいくら?今後のキャリアアップは?

えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信、音声コンテンツで稼ぐためのノウハウや、フリーランスがブログで稼ぐための情報を発信しています。

あなたは仕事に何を求めますか?

 

「やりがい」でしょうか?

「年収」でしょうか?

 

どちらも必要と思っているはずです。

 

いざラジオ業界に転職をしようと思っても、制作会社のディレクターの年収は300万円です。

退職金もほぼありません。

やりがいを求めた結果、最初は満足かもしれませんが、年齢を重ねるごとに不安になるでしょう。

 

この記事では制作会社のラジオディレクターのキャリアアップを解説します。

 

 

 

放送局と制作会社のラジオディレクターの年収は別物

 

放送局社員と制作会社社員の年収比較

放送局社員と制作会社社員のディレクターの年収が倍以上違うことはよくあることです。

入社も段違いに放送局の場合は難しいですしね。

 

例えば30代制作会社社員の年収が300万円とすると、放送局社員の年収は600万円です。

 

放送局社員は異動がありますが、制作会社社員はよほどの大手ではない限り移動はありません。

ずっとラジオ制作の現場でディレクターとしてキューをふりたい方は、制作会社の社員になるのがベストでしょう。

 

制作会社の社員の年収は上がっていかない

普通の会社なら年齢によって年収は上がっていきます。

しかし制作会社社員は年齢を重ねてもほとんど年収が上がっていきません。

 

制作会社20代社員ADの年収は300万円を切ることもあります。

 

 

30代になって300万円に上がっても、大手ではない限り400万円台は40代になっても難しいでしょう。

 

ラジオ業界の年収が上がっていかない理由

 

ラジオもテレビも広告収入が激減

ラジオはオワコンだとよくささやかれますが、その一つに広告収入が激減しているのが理由の一つです。

 

バブル時代はラジオ業界の年収も高かったです。

それこそバブル入社組は〇千万円なんて方もたくさんいます。

 

テレビ業界もそうですが、同じくラジオ業界の広告収入も右肩下がりです。

これでは社員の年収も増えるわけありませんよね?

 

ラジオ番組以外の収入を模索中

地上波番組での広告収入が減っていけば、他で収入を得ようと考えます。

特に2010年以降に登場したradikoのサービスのようにラジオ局はデジタル化にシフトチェンジ中。

 

放送局自体が音声コンテンツを独自で開発したりと、ネットラジオのサービスを展開中です。

 

 

アメリカではポッドキャストの利用者が激増中。

日本ではインターネット広告がテレビやラジオを上回り、音声コンテンツへの広告も増えてきました。

同時にYouTubeの台頭もあり、音声メディアのラジオが動画配信の分野にも参入しています。

 

地上波の「ラジオ番組」だけで稼ぐのは難しい時代なのです。

今後、デジタル化した放送局独自の音声コンテンツや動画配信のネット広告で活路を見出していくしかありません。

 

制作会社ラジオディレクターのキャリアアップ

 

放送局へと入社する

わたしの知り合いのディレクターにもいましたが、局のお偉いさんから気に入られ、制作会社から放送局へと入社したケースがありました。

局に中途で入社ができるなら、イベント事業などでも経験が積めるのでキャリアアップの一つです。

しかしこれは稀なパターンです。

 

フリーのラジオディレクターとして独立をする

ディレクターとして長年に渡って番組制作の実績があり、指名で番組ディレクターを任されるようになれば、フリーを考えても良いでしょう。

「ディレクター」としてのやりがいと「年収アップ」を同時に手に入れられるはずです。

 

在職中から副業で結果を出して独立するパターン

制作会社のラジオディレクターでも副業をする方が多いです。

いちばん多いのがWebで稼ぐ副業。

 

 

副業で結果を出して年収を上回りそうであれば、Webで起業を考えるパターンも良いのではないでしょうか?

 

また、在職中から動画編集のスキルを身につけておいた方が可能性も広がるでしょう。

 

音声配信サービスの会社へと転職する

ラジオディレクターとしての経験があれば、音声配信サービスの会社へと転職するのはそれほど難しいことではありません。

ラジオ収録やポッドキャスト制作で、あなたのスキルが生かせるはずです。

 

転職サイトはdoda

転職ならdodaエージェントサービス

 

30代向け

リクナビNEXT

 

放送作家への転身

これは実際に兼務することも可能です。

フリーのラジオディレクターになって、作家分のギャラも自分でもらいながら台本を書くというケースもあります。

これだと収入もアップしますよ!

 

 

まとめ:ラジオディレクターはあらゆるスキルを持っておこう!

 

テレビディレクターなら動画編集の技術が身について、YouTube作成の案件などでいくらでも仕事を請け負うことができます。

しかしラジオディレクターは音声編集のみのスキルです。

 

今後、キャリアップをしていくためには幅広いスキルが欠かせません。

個人での音声配信のスキルや動画編集、Webマーケティングや広告運用など。

 

ラジオディレクターを目指すあなた、そしてキャリアアップしていくなら「音」以外のスキルを身につけることが重要です。

 

 

  • この記事を書いた人
えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信、音声コンテンツで稼ぐためのノウハウや、フリーランスがブログで稼ぐための情報を発信しています。

-ラジオ

© 2021 ラジオディレクターの『ながら聴き』ブログ