Voicy-osusume-top

ラジオ 音声配信

ラジオディレクターがおすすめする『Voicy(ボイシー)』チャンネル3選

えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信、音声コンテンツで稼ぐためのノウハウや、フリーランスがブログで稼ぐための情報を発信しています。

ラジオといえばradikoのアプリが誕生した時から、改めて音声メディアが注目されるようになりましたよね?

今や音声配信プラットフォームも無数に誕生。

個人が音声配信で発信をする時代です。

 

音声配信は「声のブログ」とも呼ばれています。

 

その中でも、音声配信プラットフォームの『Voicy(ボイシー)』ってご存じでしょうか?

西野亮廣さんや中田敦彦さんなどの芸能人からビジネスのプロのチャンネルまで、

無料で聴ける音声メディアサイトです。

 

Voicy [ボイシー] - 音声プラットフォーム

Voicy [ボイシー] - 音声プラットフォーム
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

巣ごもり需要なども重なり、月間の利用者数も右肩上がりでドンドン伸びています。

 

ボイスプラットフォーム Voicyは、2021年3月時点で月間利用者数が250万MAU(Monthly Active Users)を突破しました。2020年末に約100万MAUだったところから、2021年以降、急速に音声放送への注目度が高まり、3ヶ月で2.5倍に成長しています。(出典:PR TIMES)

 

そんな大注目の『Voicy』ですが、

ラジオディレクターの私が選ぶおすすめチャンネル3選

をご紹介します。

 

 

なぜこの3つのチャンネルがおすすめなのか?

 

ネットで稼ぐための情報に特化したチャンネルだからです。

この記事では、それぞれがどんなチャンネルなのかを解説していきます。

 

 

この3つのVoicyチャンネルをおすすめする理由

いまや大手企業も副業が認められる時代です。

テレビやラジオの広告をインターネット広告が抜くほど、市場が急拡大。

 

その中でも特に『オーディオアド』が挙げられます。

オーディオアドとはデジタル音声広告のことです。

 

アメリカではポッドキャストの利用者が激増。

日本でもコロナ過の中、オーディオアドの分野を企業が模索しています。

 

 

そんな音声コンテンツ市場の急拡大を見て、個人での音声配信に価値を見出しているVoicyチャンネルがこの3つ。

 

 

「個人で稼ぐためにはどうすればよいか?」

 

音声配信を使って、非常にうまく発信しているパーソナリティの方たちです。

ラジオディレクターの私の独断と偏見で、この3つのチャンネルを挙げさせて頂きました。

 

えれくと
わたしも毎日聴いています!

 

Voicyおすすめチャンネル① 会社に頼らず個人で稼ぐラジオ

voicy-channel-kuroneko

 

チャンネル概要は『会社に頼らず個人で稼ぐ』をテーマにしたビジネス系ラジオ。

元作家からブログとSNSで起業したインフルエンサーのクロネコ屋さんのチャンネルです。

 

私はクロネコ屋さんのTwitterもフォローさせて頂いておりますし、メルマガも読破させて頂きました。

日々のTwitterを見ていると、強烈なインパクトを残す『文字』で見る人の心を揺さぶっています。

 

しかし『Voicy』で生の声を聴いてみると、ものすごくソフトな語り口で印象がガラッと変わりました(笑)

本人自体は音声配信に抵抗があったようですが、しっかり台本を作成して配信をしています。

これは個人が今後、音声配信をしていく時代では非常に重要なことだと思います。

 

 

脱サラしてブログで起業した元作家の方だけあって、ブログなどのライティング力は圧倒的。

文章で稼ぐためのヒントも『Voicy』の中に詰まっています。

 

まさに『会社に頼らず個人で稼ぐ』をテーマにしたビジネス系ラジオ。

まだクロネコ屋さんを知らないという方がいたら、本当に残念。

 

以下、他コンテンツもリンクを貼っておくので、要熟読です。

 

 

Voicyおすすめチャンネル② マナブの引きこもりラジオ

voicy-manabu

 

マナブさんも数々のブロガーに影響を与えたインフルエンサーの一人。

個人で稼ぐ方法を中心にフリーランスへ向けて発信しているチャンネルです。

 

例えば「ブログで稼ぐ方法、プログラミングで収益化するコツ、在宅ライターとして稼ぐ方法」など。

個人ですべて経験されているので、フリーランスで稼いでいくための貴重な情報が詰まっています。

 

そしてラジオの台本はnoteでも公開しています。

 

将来的には投資家として生きていくことを念頭に、仮想通貨や金融についても発信。

最近ではイケハヤさんと共にNFTについても発信しているインフルエンサーに一人です。

 

マナブさんは新卒でセブ島で就職してタイに移住。

海外へ出てみようと思っている20代の方には、非常に参考になるチャンネルだと思います。

 

 

Voicyおすすめチャンネル③ 1年後の自分を楽にするラジオ

voicy-shuhei

 

瀬戸内海の島でMacBookをカタカタしながら、まったり暮らしている『しゅうへい』さん。

2017年から4年でブログ、ラジオ、動画など2,000本以上のコンテンツを制作してきた実績。

会社に頼らず個人で稼ぐための『フリーランスの学校』も運営しています。

 

Voicyを聴いてみると、ダメダメだったサラリーマン時代のことや借金のこと。

フリーランスで稼ぐためのノウハウを赤裸々に語っています。

 

瀬戸内海から配信しているだけあって、たまに波の音が聞こえるので、癒されたい方にもおすすめ(笑)

そしてネットはどこにいても稼ぐことができるということが再認識できるチャンネルです。

 

 

まとめ:ラジオは『ながら聴き』で勉強をすることができる

右肩上がりに伸びていくばかりの音声メディア市場ですが、ながら聴きで勉強をすることができます。

例で言うと『聴く読書』Amazonオーディブルが有名ですね。

プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。

読書が苦手な人にも大好評です。

 

 

今回、この記事では『Voicy』を中心に取り上げました。

なぜこの3つのチャンネルを取り上げたかというと、

この3つのチャンネルには、フリーランスが稼ぐためのヒントが散りばめられているからです。

 

「個人で稼ぐ力」。

 

今後は個人でも稼ぐ力を身に付けなければいけない時代です。

先日もサントリーの社長が45歳定年説を発信して、世間をアッと言わせました。

 

会社に頼らずに生きていくためのスキルは何なのでしょうか?

それはこの3つのチャンネルが教えてくれます。

 

 

三者三様、違った角度からの視点があります。

プレミアム放送もあるので、さらに深く聴きたい方はプレミアム放送を聴いてみるのもおすすめ。

 

『ながら聴き』で勉強をするには、Voicyは最適の音声プラットフォームです。

 

Voicy [ボイシー] - 音声プラットフォーム

Voicy [ボイシー] - 音声プラットフォーム
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

追伸:Voicy代表の緒方憲太郎さんが本を出版されました。

この本には今後の音声配信を占うカギが記されています。

これからの「音声」のトレンドに乗りたい方は、ぜひ購読することをおすすめします。

 

  • この記事を書いた人
えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信、音声コンテンツで稼ぐためのノウハウや、フリーランスがブログで稼ぐための情報を発信しています。

-ラジオ, 音声配信

© 2021 ラジオディレクターの『ながら聴き』ブログ