podcast-pro-top

音声配信

個人でプロ並みのポッドキャストの音声配信をするために必要な機材5選

えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信、音声コンテンツで稼ぐためのノウハウや、フリーランスがブログで稼ぐための情報を発信しています。

悩んでいる人
音声配信はスマホだけでできるんじゃないの?

こう思っている方も多いと思います。

間違いではありません。

 

Voicystand.fmなどの音声配信プラットフォームではアプリ側で録音や収録ができる機能が付属されています。

しかしポッドキャストの制作にこだわりたい方は、自分で機材をそろえて制作をする必要があります。

 

この記事では現役ラジオディレクターの私が

『個人でプロ並みのポッドキャストの音声配信をするために必要な機材5選』をご紹介します。

 

えれくと
この記事を読めばあなたもプロの音声配信ディレクターです!

 

 

ポッドキャスト制作で必要な機材①マイク

ラジオ制作者はとにかく音にこだわります。

その中でも特に重要なのがマイク。

これらは自宅で収録する際と、野外で使用する際に適したマイクをご紹介します。

 

【自宅向け】SHURE 単一指向性ダイナミック型マイクロホン SM7B

SHURE 単一指向性ダイナミック型マイクロホン SM7B

西村博之さんのYouTubeを見るとこのようなマイクを設置して話をしているのを見たことがありますよね?

こちらのSM7Bは、スタジオでのナレーション用にデザインされたダイナミック・マイクロホン。

自宅で利用するのに適しています。

ナレーションはもちろん、ギターアンプやアコギ、ベースアンプ、そしてボーカルレコーディングなどで使用。

ノイズや呼吸音をカットしてクリアに声を響かせることができます。

海外の有名ポッドキャスターも愛用しているので知名度は抜群

 

【屋外向け】Blue Microphones Yeti USB コンデンサー マイク

Blue Microphones Yeti USB コンデンサー マイク

野外収録の場合はこちらのコンデンサーマイクがおすすめ。

アスキー編集部によるアンケートで選出される今年の鉄板デジタルガジェット「ASCII BESTBUY AWARD 2020」も受賞

単一指向性、無指向性、双指向性、ステレオの4つの指向性を備えています。

通常複数のマイク が必要な所、これ一台で対応可能なので、ゲストが入っての対談形式に力を発揮するでしょう。

 

ポッドキャスト制作で必要な機材②ミキサー卓

ラジオ局やスタジオにあるミキサー卓などを用意する必要などありませんが、音のバランスや聴きやすくするためには必須!

 

ZOOM ズーム デジタルミキサー 8chミキサー L8

ZOOM ズーム デジタルミキサー 8chミキサー L8

8 チャンネルのデジタルミキサー&マルチトラックレコーダー。

最大12トラックの同時録音も出来て10トラックの同時再生が可能。

4つのヘッドフォン出力もあるので、ポッドキャスト番組の収録も楽に行うことができます。

バッテリー駆動でスタジオの外にも持ち出せるので、まさにラジオの公開収録を行っている気分にもさせてくれるでしょう。

 

YAMAHA AG-03 ウェブ配信セット(3チャンネル)

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥17,230 (2021/10/24 06:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

YAMAHA AG-03 ウェブ配信セット(3チャンネル)

ZOOMのL8と比べるとこじんまりしているので、1人か2人での配信に適しています。

歌にエコーを掛けられるリバーブ機能や、iPad接続にも対応。

お手頃に始める入門キットではないでしょうか。

 

ポッドキャスト制作で必要な機材③ボイスレコーダー

ラジオ番組でも屋外でインタビューをする際によく利用されます。

1台あると屋外での簡単な収録には非常に便利です。

 

TASCAM タスカム リニアPCMレコーダー DR-07X

TASCAM タスカム リニアPCMレコーダー DR-07X

録音もワンタッチ、ツータッチで出来るTASCAMのレコーダー。

それほど高額でもないですが、音もクリアに録音することができます。

デメリットは電波の影響を受けやすい点

スマホや無線LANが発信されている付近で、若干のノイズが入る場合もあります。

それ以外は高音質でお手頃なのでおすすめでしょう。

 

ZOOM ズーム MSステレオマイクロフォン iQ7

ZOOM ズーム MSステレオマイクロフォン iQ7

2021年に発売されたばかりのZOOMの最新マイクロフォン。

スマホに装着して高品位な収録が可能となっています。

オーディオ録音の他にビデオ撮影時の音声も高音質なステレオサウンドで収録できます。

リモート収録にも適しているので、入門編としてはおすすめ。

 

ポッドキャスト制作で必要な機材④音声編集ソフト

スマホのアプリでも無料で音声編集はできますが、プロ並みにこだわりたい方には音声編集ソフトも必須です。

 

Adobe Audition

Adobe Audition

プロのラジオディレクターもAdobe Auditionを利用しています。

マルチトラックで基本的な加工やエフェクトなど、このソフト1台でラジオ番組を制作することができます。

 

 

Pro Tools

Pro Tools

こちらもAdobe Audition同様に音楽業界や映画・テレビ業界で活用されている定番のソフトです。

新しく監修された2GBループライブラリによって、制作がさらに簡単なものとなっています。

Adobe AuditionとPro Tools どちらでも良いですが、音声編集機能が特に充実しているPro Toolsに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

ポッドキャスト制作で必要な機材⑤オンライン通話ソフト

コロナ禍の中ではリモート収録が増えました。

リモート収録や取材などに活用できるオンライン通話ソフトも使いこなせれば、制作の幅は広がるでしょう。

 

Zoom

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings
開発元:Zoom
無料
posted withアプリーチ

Zoom

コロナ禍になり圧倒的なスピードで普及したこちらのZoom。

今やリモート会議でも必須となっています。

リモート収録は今後もさらに多くなるので、使用方法だけはマスターしておくべきでしょう。

 

Microsoft Teams

Microsoft Teams

Microsoft Teams
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

Microsoft Teams

Microsoftが提供しているオンライン・ミーティングツール。

無料プランと有料プランの(Microsoft 365)で機能に差があります。

スケジュール設定もできますが有料限定となっています。

基本的にはZoomを使用できれば、Teamsは必要ないはず。

相手がどうしてもTeamsでなければダメだという場合のみの選択肢にしておきましょう。

 

まとめ:これからはポッドキャスト制作で仕事を受ける時代になります!

えれくと
今や個人がスマホ一つで音声配信が無料で利用できる時代です。

 

時代の波に乗るためには音声配信は無視できない未来がやってきます。

スマートスピーカーやワイヤレスイヤフォンも今後さらに普及していくことでしょう。

そのためにはプロ並みのポッドキャストを制作することができる能力があれば、いくらでも仕事を請け負うことができるはず。

 

一般的なサラリーマンの方はポッドキャスト制作の専門的な知識を持っている方などいません。

音声機材の知識一つで、よりクリエイティブな仕事ができるようになります。

 

また、副業で稼ぐポッドキャスト配信者や、ポッドキャスト制作代行業なども増えてくるはずです。

新しい「音声」の波がきた瞬間にすぐ飛び乗れるよう、プロ並みのポッドキャスト制作の力を身につけておきましょう。

 

 

  • この記事を書いた人
えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信、音声コンテンツで稼ぐためのノウハウや、フリーランスがブログで稼ぐための情報を発信しています。

-音声配信

© 2021 ラジオディレクターの『ながら聴き』ブログ