radio-audible-henkou-2022-top

音声配信

『AmazonAudible(オーディブル)』をラジオディレクターが聴いた感想

えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信のノウハウや、フリーランスがブログやSNSで稼ぐための情報を発信しています。会社員~フリーランス~サイドFIREへ!

『AmazonAudible(オーディブル)』は以下の方におすすめのサービスです。

 

こんな方におすすめ

①読書をしたいけど時間をとることができない

②読書をしたいけど活字を読むのが苦手

③本を買うと部屋が嵩張って困る

 

学生の時は読書をしていた方も社会人になったら、めっきり読書の機会が減った方も多いのではないでしょうか?

 

しかし今では読書をせずとも音声アプリで読書が出来る時代。

 

『AmazonAudible(オーディブル)』はそんな夢みたいなオーディオブックなのです。

 

例えば通勤中の移動時間や晩御飯を作っている時に、読書が出来ることを想像してみてください。

本を読んで勉強しなければいけないことを『ながら聴き』で聴きながら頭にいれることができるんです。

 

そんなサービス画期的ですよね?

 

AmazonAudible(オーディブル)では「佐藤と若林の3600」を配信中!

「オードリーのオールナイトニッポン」でもおなじみ。

「どきどきキャンプ」佐藤満春さんと、「オードリー」若林正恭さんが

2006年~2008年にかけて配信していたポッドキャスト番組。

ラジオ好きにはたまらないコンテンツを、オーディブルで聴くことができます。

30日間の無料体験もあり、12万作が聴き放題なので、Audibleのポッドキャストもぜひお試しください!

\ 30日間の無料体験付き /

AmazonAudibleの無料体験を試す

2022年1月27日からは12万作以上が聴き放題

『AmazonAudible(オーディブル)』の登録方法と料金

AmazonAudible(オーディブル)とはどんな音声アプリ?

2021年はSNSの音声アプリ『Clubhouse(クラブハウス)』が話題になりましたよね?

 

最近ではTwitterのスペースなど、いま音声市場が盛り上がっています。

本家のラジオ局ですら音声市場を開拓している程です。

 

 

そして先日、Amazonオーディブルから発表がありました。

 

Amazonオーディブル、主要ラジオ局と連携拡大し、ポッドキャストを強化 TBSラジオに加え、文化放送・ニッポン放送等のコンテンツを配信へ

世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスであるAmazonオーディオブックAudible(以下、オーディブル)は、主要ラジオ局である、文化放送・ニッポン放送と連携し、ポッドキャストを拡充させることをお知らせします。(出典元:PR TIMES)

 

関東主要ラジオ局である、文化放送・ニッポン放送と連携し、ポッドキャストを配信。

独自のコンテンツを追い求めるAmazonオーディブルとラジオ局がタッグを組んで、

これからさらに音声サービスの発展が期待されます。

 

AmazonAudible(オーディブル)の登録方法は?

順を追ってご説明します。まずは下記ページをクリックしてください。

 

 

アクセスしたら下記順番で登録が完了します。

 

Audible登録方法

①AmazonAudible(オーディブル)登録ページにアクセス

②Amazonアカウントでサインイン

③支払い情報登録(クレジットカードのみ)

④無料体験を試す

 

これで登録が完了します。

無料体験は、1アカウントにつき1度まで。

1度解約した場合は、再度会員登録しても無料体験を受けることはできません。

 

AmazonAudible(オーディブル)の月額料金はいくら?

月額1500円(税込)でいつでも退会できます。

2022年1月27日からは12万冊が聴き放題になるサービスが開始されます!

 

『AmazonAudible(オーディブル)』はオフライン再生が可能なのでWiFiいらず。

利用中の通信費も発生しません。

 

2022年1月27日以降の変更点は下記をご参考になさってください。

 

amazon-audible-2022

(引用元:Amazonオーディブル)

 

『AmazonAudible(オーディブル)』を利用してみた感想

私は無料期間で1冊聴いて解約しようと思いましたが、やめられませんでした(笑)

 

えれくと
選んだのはこちらの本!

 

ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある (単行本)

 

西野亮廣さんの『えんとつ町のプペル』の映画を観た後、

どうしてもこれが聴きたくなり、試しに5分間のサンプルを聴いてみました。

 

プロのナレーターの声で読み上げていることもあって全くのストレスフリー。

そしてあっという間に5分間が終了。

 

どうしても続きが気になって仕方ありません。

早速会員登録をして続きを聴きました。

 

全編で2時間59分あったのですが、シーンごとに区切られているため、

キリが良いところまで聴いて途中でまた再開。

聴き終わったページからすぐに聴けるのは嬉しいサービス。

 

まるでラジオドラマを聴いているような錯覚に陥りました。

 

全編を聴いてみて驚いたのは、読書と一緒であたまの中でイメージしながら

『読む』が『聴く』に変わっただけで、こんなに楽なのか?ということ。

 

例えば映像ではYouTubeやnetflix、PrimeVideoなど様々なサービスがあります。

 

しかし映像だけを見ている生活って疲れませんか?

そんな時、ながら聴きで本が楽しめる『Amazonオーディブル(Audible)』が心地良く感じました。

 

ドライブをしながら、家事をしながら、夜中にイヤホンで聴きながら。

 

私はポッドキャストを制作していたことが分かるので、

どれだけ丁寧に制作されているかも分かるのです。

 

西野亮廣さんの『えんとつ町のプペル』は、

Amazon Prime Videoでも配信がスタートしました!

まだご覧になっていない方は、ぜひAmazonプライムへ。

 

結論:月に1度、本を買う人は『AmazonAudible(オーディブル)』の方がお得


ハードカバーの本を1ケ月に1度購入するといくらかかるでしょうか?

1500円くらいですよね?

 

『AmazonAudible(オーディブル)』は1ヶ月の利用料金が1500円。

2022年1月27日からは1500円で15万冊が聴き放題になります!

 

その上、様々なサービスが利用できるのなら、

月に1回の割合で本を買う方は『AmazonAudible(オーディブル)』に会員登録をした方がお得です。

 

オーディブルこんな方におすすめ

①読書をしたいけど時間をとることができない

②読書をしたいけど活字を読むのが苦手

③本を買うと部屋が嵩張って困る

 

AmazonAudible(オーディブル)では「佐藤と若林の3600」を配信中!

「オードリーのオールナイトニッポン」でもおなじみ。

「どきどきキャンプ」佐藤満春さんと、「オードリー」若林正恭さんが

2006年~2008年にかけて配信していたポッドキャスト番組。

ラジオ好きにはたまらないコンテンツを、オーディブルで聴くことができます。

30日間の無料体験もあり、12万作が聴き放題なので、Audibleのポッドキャストもぜひお試しください!

\ 30日間の無料体験付き /

AmazonAudibleの無料体験を試す

2022年1月27日からは12万作以上が聴き放題

 

  • この記事を書いた人
えれくと

えれくと

元制作会社勤務で現在はフリーのラジオディレクター。ラジオ番組制作や音声配信のノウハウや、フリーランスがブログやSNSで稼ぐための情報を発信しています。会社員~フリーランス~サイドFIREへ!

-音声配信

© 2022 ラジオディレクターの『ながら聴き』ブログ